ホーム くらぶの案内 行事 農地 植物 リンク集

 久田緑地くらぶ・これまでの歴史


 2003年度【平成15年】   久田緑地くらぶがスタート。竹林の手入れとヒアリング
 2004年度          竹林の手入れに加えて、竹箒作り、お茶つくりや秋の虫の音を聞く
                会、緑地の植物の観察。
                コンニャク作りなどの文化的行事に取り組む。
 2005年度          杉崎さんから農業の技術を学びながら畑の手伝いを始める。
                最初は昔、久田で作っていたという粟をはじめてつくった。
                その後は麦、大豆などを作っている。
 2006年度          会費制のくらぶに変わる。
                畑で作った大豆で味噌作り。大和産業フェアに久田で焼いた炭、
                竹搾液などを出品。
                「農地部会」、「緑地部会」、「炭焼き部会」がはじまった。 
 2007年度          注連縄作りを教わる。食部会の発足。
 2008年度          緑地活動事業を始める。
                現在月一度の「里山暮らしの学校」のほか(水)(土)に定期的に
                活動している。
 2009年度
 2010年度         近くの田んぼで稲作を始める。蕎麦の栽培から蕎麦を食す。
 2011年度

     

     


 
久田緑地くらぶの目標
久田の農地、自然をできるだけ守り、培われた
伝統・文化(特に食)を次世代に引き継ぐ