行事

 これまでの行事

 草木染め

 お飾り作り

 ドンド焼き

 味噌作り

 うどん作り

蕎麦作り

お飾り作り
地元のお飾り作り名人の小川さんに教えを受け作りました。


 用意する物
一握りの藁を二束
縛る紐1500cmとハサミ
飾りつける品物と橙、ユズリ葉

藁は長いのがよい。酒米の稲が長くて向いているが、コンバインで刈り取るため、量が少ない。
前もって藁は鎧をとり、水につけ柔らかくして置きます。
 最初に一握りの藁(写真位の量です。)
を、根元から10cmのところで、きつく縛ります。
縄に編みますので、出来るだけ
きつく縛ることが、後の作業が楽になります。
 


足で根元を押さえ
藁を右に捻じりながら、左巻きの縄にしてゆきます。
 ここの捻じり具合の出来不出来が飾りの美しさになりますので、慎重に作業します。


上記の縄が出来たら別の藁を中心と両脇に差し込みます
輪の部分の所を両脇だけを三つ網にあみます。
次に下記のようにして出来上がり



 中心に差し込んだところに裏白、
橙,ユズリハ、をつけ、稲穂を差込、さらに水引を後ろから通して(金色を左に)蝶々結びする。扇子は
紐で結んだところにつけます。
 通りすがりの人が感心しながら、見物して行きました。